OshiHa.com

ConoHaでAlpine Linux 3.8

ClamAV の定期ウイルススキャン

2018/09/01  2018/09/01

◆◇◆ 【衝撃価格】VPS512MBプラン!月額630円/1時間1円【ConoHa】 ◆◇◆

無償のアンチウイルスソフトClamAV で定期的にウイルススキャンを実行する。

今後、Clamd を常時起動してリアルタイムでメールのウイルスチェックを行う予定のため、clamscan ではなく、clamdscan を常時起動して利用する。

現段階ではメールサーバーが構築できていないため、実行結果をメールするなどは今後設定するとして、cron により定期的に実行するのみとする。

1. Clamd(ClamAV)の常時起動

alpine:~$ sudo rc-service clamd start
alpine:~$ sudo rc-update add clamd

2. 設定

設定ファイルを編集する前に、設定ファイル(/etc/clamav/clamd.conf)をバックアップしておく。
alpine:~$ sudo cp /etc/clamav/clamd.conf /etc/clamav/clamd.conf.org
alpine:~$ sudo vi /etc/clamav/clamd.conf

# 177~179行目:スキャンしないディレクトリを設定
- #ExcludePath ^/proc/
- #ExcludePath ^/sys/
+ ExcludePath ^/proc/
+ ExcludePath ^/sys/
+ ExcludePath ^/home/*****/

# 207行目:コメント化してrootで動作させる
- User clamav
+ #User clamav

3. 再起動

alpine:~$ sudo rc-service clamd restart

4. cron で定期的にウイルススキャン

cron で毎日午前4時にウイルススキャンを実行する。
alpine:~$ sudo crontab -e

# 最終行に追加
0	4	*	*	*	clamdscan / --remove

◆◇◆ 【衝撃価格】VPS512MBプラン!月額630円/1時間1円【ConoHa】 ◆◇◆

ConoHa VPSの攻略
Alpine Linux 3.8

TOP